「ありがとう」「ごめんね」は子どもの頃から言えなければだめ!

子どもが誰かに何かしてもらった時、何かしてしまった時、親が「ありがとう」「ごめんね」ということが多いですが、これは絶対に子ども自身にも言わせなければならない言葉だと思います。親だけが

「ありがとう」「ごめんね」と言って済ませていたら、子どもは「自分が言わなくても、親が言ってくれる」と捉えるようになります。そして、大きくなっても自分で言えない子どもになる可能性が出てきてしまうのです。小さい頃は親がお礼を言ったり、謝ったりして「ごめんね、この子自分で言えないの」と言っても違和感がありませんが、大きくなってありがとうやごめんが言えなかったら考え物。

でも、実際に言わされてこなかった子どもはこれらの言葉を言うことができません。大きくなったら自然に言えるようになる言葉ではないのです。そのため、ありがとう、ごめん、という生きていく上で重要な言葉は、小さい頃から子どもに言わせるように気を付けなければなりません。