子どもに習い事を続けさせるには

子供が、5歳ごろになると、習い事を始めるお友達が増えてきます。ピアノに英語にスイミング、最近ではサッカーやテニスなど多種多様なおけいこ事があり、何を習わそうか迷ってしまいます。どんな習い事も、始めたころは好奇心で毎回楽しく通っていたのですが、年月がたつと飽きてしまったり、お友達と遊ぶ時間がなくなってしまうのを嫌がったりと、続けさせるのも一苦労です。

嫌がる子どもに習い事を続けさせるために、私がとった方法は、子どもと一緒に目標を決めて、その目標が達成するまでは続けるという約束をさせました。例えば、スイミングなら、「クロールで25メートル泳げるようになるまで」とか、英語塾だったら「英検5級が取れるまで」など、できるだけ現実的で具体的な目標を決めましょう。そして、子どもが行くのをぐずった時は、余計な事を言わずただ一言「約束でしょ!。」と毅然とした態度で言いましょう。以外と子どもはこの一言に弱いものです。

また、目標を達成した時の喜びを味わうことによって、さらに上の目標を持つようになります。結局うちの子は、スイミングはバタフライ、英語は英検準2級を取るまで、続けることができました。