体が不自由になったときのリフォームについて

高齢化社会になり、住居のバリアフリー考える人が増えています。
40代から考えておきたいポイントです。
今は元気で動けても、年齢が高くなるとリフォーム の必要性が出てきます。

段差をなくしたり手すりをつけるのが大切なのは、転倒などの家庭内事故を防ぐことができるからです。

親との同居が、スタートする人もいます。
介護がどの程度必要になるかによっても、リフォームは変わってきます。
なるべく段差をなくすことが必要です。
床も、畳からフローリングにしたりスロープをつけたりします。
気温の変化がないように、温度調節と湿度調節も必要です。

歩くことができる場合は、トイレ洗面所に手すりを設置します。
車椅子の場合は車椅子の幅が60cm なので、廊下は出来れば90センチ以上あると動きやすいです。

お風呂は、介護する人が十分に動けるスペースが必要です。
キッチンを使う場合は、ガスはさけて電化キッチンにします。
身の回りのことができるように、車椅子対応の設計が理想です。
福祉住環境コーディネーターは、幅広い知識を持ち高齢者が過ごしやすいリフォームや
建て替えをコーディネートしてくれます。